トップページ > 便秘解消する食べ物の選び方 >  便秘を食べ物で解消する基礎知識

便秘を解消する食べ物の選び方

女性の8割が経験しているとも言われる便秘。あなたもつらい思いをしたことありませんか?便秘を解消する食べ物を選ぶときのポイントは大きく分けると次の2つです。

  1. プロバイオティクス
  2. プレバイオティクス

「バイオティクス」なんて難しい言葉を使っていますが、簡単に言えばどうやってあなたの腸の中に住んでいる善玉菌をたくさん育てるかという方法の違いです。便秘解消するキーポイントはあなたの腸内にいる善玉菌達です。

便秘がちな人の腸内はどうなっている?

便秘の腸内人間の腸には100~500種類、100兆個もの腸内細菌が暮らしています。

100兆個の細菌を大きく分けると私たち人間の健康に役立つ「善玉菌」と、健康によくない「悪玉菌」、どちらでもない「日和見菌」の3種類がいます。

善玉菌の代表はヨーグルトで有名なビフィズス菌や乳酸菌など。一方の悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌などがいます。

腸内では善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類が住処を巡って争っています。便秘がない健康な腸は悪玉菌より善玉菌が優勢になっている状態です。

腸内細菌のバランスはあなたが毎日食べている食べ物によって大きく変わってきます。というのも、善玉菌はあなたが食べたものをエサにして増殖しているからなんですね。

善玉菌の勢力が増える食べものを積極的に食べて善玉菌の味方をしてあげてください。腸内細菌のバランスは日々変化しています。重要なのはあなたが何を食べているかです!

便秘を解消するプレバイオティクスとは

すでに腸内に住んでいる善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維を食べることをプレバイオティクスと言います。プレバイオティクスの優れているところはすでに自分の体に住んでいる善玉菌達にパワーを与えて住処をどんどん拡大させられること。

もともとあなたの体の中に住んでいる菌達なので、あなたとの相性もバッチリ。あなたの便秘解消に一役買ってくれるのは間違いありません!

便秘を解消するプロバイオティクスとは

乳酸菌やビフィズス菌などが配合された食べ物(ヨーグルトなど)や健康食品,サプリメントなどをとる方法です。

ポイントは腸まで生きたまま届く菌が配合された商品を選ぶこと。よく勘違いされがちなのですが、生きたまま腸まで届いても食べた菌自体が住み着くわけではありません。腸内にはすでに菌達がひしめいているため、新しい菌が住む場所はないのです。

プロバイオティクスが効果を発揮するのは生きたまま腸まで届いた菌が腸内を通過するときに酸性の物質を出して、腸内を酸性にするためです。善玉菌は酸性、悪玉菌はアルカリ性の環境を好みます。酸性が好きな善玉菌は、生息環境が快適になりどんどん増殖できるようになります。

腸内を酸性にするために生きたまま腸へ届く菌を食べなければならないんですね!

便秘解消する食べ物の選び方Menu

オリゴ糖

オリゴ糖は、料理にいれだけの簡単解消法!便秘解消はオリゴ糖から
詳細はコチラ

乳酸菌

乳酸菌で腸内環境を改善しよう!腸までとどく乳酸菌がポイント
詳細はコチラ

食物繊維

食物繊維は1日20g以上必要。現代ではたった15gしか摂れていません。
詳細はコチラ


おすすめ№1はこれ