トップページ > 便秘解消する食べ物の選び方 >  便秘を解消する食物繊維の選び方

あなたの食物繊維は足りない!

食物繊維の選び方

便の量は食べた食物繊維の量で決まるって知ってましたか?

食物繊維は野菜や穀物、豆類などに含まれる消化吸収されない食べ物で、第6の栄養素ともいわれています。実は食物繊維は便秘解消に重要な役割を果たしている栄養なんですね。食物繊維が不足しているときちんと排便するのがとても難しくなります。

食物繊維は成人で1日20g-25g(摂取カロリー1000kcalあたり10g)程度必要です。しかし、食物繊維の摂取量は平均で14.2gしかありません。全然足りていないんですね。

不足分の5g-12gを食べ物から補おうとすると、ゴボウなら1本の半分,キャベツ葉なら3枚,リンゴなら1個です。 毎日食べているものにプラスしてこれだけ食べないと不足分が解消できないのです。しかも1日ではなく毎日です。

ちょっと難しいですよね。そこでオススメなのが不足分の食物繊維を手軽に補える商品を生活に取り入れることです!水に溶くタイプ,粉末タイプ,お茶などいろいろなタイプが販売されています。食事の改善もお忘れなく。

食物繊維ではおなかマートの「 おなかファイバー 」が人気です。1日6gの食物繊維を手軽に補給できます。

便秘を解消する食物繊維はコレ!

食物繊維以外にオリゴ糖も配合 おなかマートのファイバーは1日分で食物繊維が8.6g摂取できます。食物繊維のほか、オリゴ糖,マグネシウム,ビタミンC配合。粉末タイプ


食物繊維の効果

食物繊維は第6の栄養素と言われ消化吸収されない食べ物の総称です。食物繊維は植物性がほとんどですが一部動物性(キチンなど)があります。食物繊維を大きく分けると水溶性食物繊維と不溶性繊維に分けられます。

1日の便の量で理想的なのはだいたい150gくらい。小振りのバナナで2本分程度の量です。1日に食物繊維を20g-25g程度摂るとちょうど便の量が150g作られます。

ところが日本人の食物繊維の平均摂取量はたった14.2gしかありません。これでは正常な排便をするために必要な量が作られません 

便の量が多くなると腸壁を刺激して、排泄するための蠕動(ぜんどう)運動がおこり便秘が改善されてきます。便の量が少ない=食物繊維不足が便秘の大きな原因になっているんですね。

食物繊維の効果的な食べ方は?

食物繊維の平均摂取量から見てほとんどの人が1日5g-10g程度食物繊維が不足しています。不足分を通常の食べ物からだけで補うにはゴボウなら1本の半分,キャベツ葉なら3枚,リンゴなら1個を今の食事にプラスして食べなければなりません

もちろん1日だけでよいなら問題なく食べられる量ですが、1週間、1ヶ月、1年となるとどうでしょう?難しいのではないでしょうか!?

なので手軽に食物繊維を補給できるジュースや、ハーブティを毎日の食生活の中に取り入れるのが現実的なんですね。

いろいろなタイプの食物繊維が販売されていますが、「おなかマートのファイバー」はいま人気No1の食物繊維です。1日分で6gの食物繊維を補給できるのに加えて、オリゴ糖,マグネシウム,ビタミンCも含まれています!

詳しくはこちら おなかファイバー

今人気の食物繊維!

No.1 No.2

おなかマート

ハーバルデトックスティー

食物繊維+オリゴ糖を配合
一日分で食物繊維が8.6gも摂取できます。 食物繊維とオリゴ糖で毎日トイレ習慣!
食物繊維人気No1。
速攻&確実性
食物繊維がたっぷりと入ったハーブティ。 「恥ずかしいほどスッキリ出ます」

便秘解消する食べ物の選び方Menu

オリゴ糖

オリゴ糖は、料理にいれだけの簡単解消法!便秘解消はオリゴ糖から
詳細はコチラ

乳酸菌

乳酸菌で腸内環境を改善しよう!腸までとどく乳酸菌がポイント
詳細はコチラ

食物繊維

食物繊維は1日20g以上必要。現代ではたった15gしか摂れていません。
詳細はコチラ


おすすめ№1はこれ