トップページ > 便秘を解消する乳酸菌の選び方 > 乳酸菌の効果

乳酸菌の効果

便秘もなく健康な腸内環境を保っている人の腸内には15~20%程度乳酸菌が住んでいます。乳酸菌は酸性の環境を好みます。一方悪玉菌は3%程度で、アルカリの環境を好みます。残りの70~80%程度はどちらとも言えない日和見菌です。

便秘解消を目的として乳酸菌を摂る場合、胃酸で死なずに生きたまま腸まで届く乳酸菌を食べなければ効果を期待できません。腸まで届いた乳酸菌はそこに住み着くのではなく、そのまま排泄されてしまいます。

しかし、腸を通過するときに酸性物質をたくさん出して、腸内を乳酸菌が繁殖しやすい酸性に変える働きがあります。生息環境が整った善玉菌はどんどん繁殖して腸内環境が改善してきます。

おすすめ№1はこれ