トップページ > 便秘を食べ物で解消する基礎知識 > 便秘がちな人の腸内はどうなっている?

便秘がちな人の腸内はどうなっている?

便秘の腸内人間の腸には100~500種類、100兆個もの腸内細菌が暮らしています。

100兆個の細菌を大きく分けると私たち人間の健康に役立つ「善玉菌」と、健康によくない「悪玉菌」、どちらでもない「日和見菌」の3種類がいます。

善玉菌の代表はヨーグルトで有名なビフィズス菌や乳酸菌など。一方の悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌などがいます。

腸内では善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類が住処を巡って争っています。便秘がない健康な腸は悪玉菌より善玉菌が優勢になっている状態です。

腸内細菌のバランスはあなたが毎日食べている食べ物によって大きく変わってきます。というのも、善玉菌はあなたが食べたものをエサにして増殖しているからなんですね。

善玉菌の勢力が増える食べものを積極的に食べて善玉菌の味方をしてあげてください。腸内細菌のバランスは日々変化しています。重要なのはあなたが何を食べているかです!

おすすめ№1はこれ